ピッチャースプレートに触れたらピッチャー

少年野球選手諸君!ピッチャーのルールを1つ覚えよう。憧れのポジションを目指そう!

◎ピッチャースプレート(投手板)を離れているピッチャーは野手と同じ。野球のルールでは、ピッチャーは原則として「ピッチャースプレートに触れるとピッチャーとなる」ということ。これはピッチャーと他の野手を区別するためのルールで、投手板を離れているときのピッチャーのプレーについては、野手の扱いとなります。
 
◎ボークやけん制球では、投手板に触れているかどうかが判定基準。投手板に触れているかどうかがいちばん問題となるのは、ボークやけん制球についての判定です。まず、ボークが発生するのは基本的にはピッチャーが投手板に触れているときです。 投手板を離れれば野手と同じですから、ボークとなることは一部のケースを除いてありません。また、けん制球が悪送球でボールデッドになった場合、投手板に触れて投げた送球ならランナーの安全進塁権は1個ですが、投手板を外して投げた場合は2個となります。

野球のルール(打順間違い)

野球のルールでは、打順の間違いがあり、打撃終了後に守備側のチームが指摘すれば、正しい打順のバッターがアウトになります。しかし打席中に打順の間違いに自ら気付いた場合は、そのカウントのまま正式なバッターに代わることができます。

[ポイント1]アウトになるのは正式な打順のバッター
■バッターの打順は、試合前に交換したメンバー表のとおりに行います。もし、打順を間違えた場合は、次のような処置をします。
■守備側が攻撃側チームの打順の間違いに気づいたときは、間違えたバッターが打撃を終え、次のバッターが打席に入る前に審判員に指摘し、打撃結果によらずアウトとすることができます。

[ポイント2]守備側は打撃終了時に指摘したほうが有利
■打順の間違いをバッターが打席に入ったとき、もしくは打撃中に指摘した場合は、審判員は正式なバッターとの交代を命じ、プレーは交代した時点の状態のままプレー続けられます。つまり、守備側にとっては、打撃を終えてから指摘したほうが有利となるわけです。 覚えて置きましょう!

ストライクゾーンを覚えよう!

野球のルールではバッターが投球に対して空振りをすれば、どんなボールでもストライクですが、バッターがバットを振らなくてもストライクと判定をされるのがストライクゾーンを通過したボールです。ストライクゾーンのコースの幅はホームプレートが基準になります。ホームプレートは43.2pで真ん中よりもバッター寄りに遠い方を「アウトコース(外角)」と呼び、バッター寄りに近い方を「インコース(内角)」と呼びます。ストライクはこのホームプレート上をボールが通過することが条件となります。ボールはそっくりそのままボール全体が通過しなくても、ボールの一部分がかすればストライクと判定されます。

ストライクゾーンのコース幅についてはどんなバッターでも同じ条件ですが、「高低」はバッターの身長によって変わります。野球のルールでは、「バッターの肩の上部とユニホームのズボンの上部との中間点に引いた水平ラインを上限とし、膝頭の下部のラインと下限とする」となっています。プロ野球の場合、下限はボールの一部分さえかすればOKですが、少年野球を含めたアマチュア野球の場合、下限はボール全部が通過しないとストライクとはなりません。

またこルールに反した考え方ですが、軟式少年野球の場合、ピッチャーのコントロールがままならない場合が多いせいか、試合を見ていると、上限を肩の高さくらいまでストライクととる傾向があります。実際の試合では他のバッター、あるいは自分の打席でストライクゾーンを早めに確認しましょう。

守備位置

野球は試合の状況によって守備位置を変えることができます。戦略の一つです。守備側は9つの守備位置にそれぞれ野手を置きます。この内ピッチャーとキャッチャーは、マウンドとキャッチャーボックスにつく必要があります。それ以外の野手はフェアゾーンならどこを守っても野球のルールでは問題がありません。例えば引っ張りタイプの右打者ならば、全体的にレフト方向に寄って守ったり、バント警戒の場面では内野手が前目に守備位置をとったりすることも多くあります。極端な話、外野手が全員内野を守ってもルール上違反ではありません。

外野手の守備範囲は広いため、打者や状況により守備位置を変えるのが一般的な考え方です。少年野球においてもバッターが強打者であれば、後ろ目に守り、左打者ならばライト寄りに守ったりと移動します。ランナーがいてバックホームを想定する場合は前進守備をとります。

内野手はバント対策として、一塁者と三塁者を極端な前進守備をとらせたり、ランナー3塁の場合で一点を阻止したい状況では、内野手前進が極端な前進守備を取ったりします。野球のルール上の話に戻りますが、覚えておきたいのは野手はフェアゾーンであれば、どこを守っても構わないということです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。