キャッチボールの練習方法

少年野球を始めて一番始めに練習するのがキャッチボールだと思います。今回はキャッチボール指導の方法です。キャッチボールは野球の基本、正しい投げ方を身に付けるように教えてあげたいものです。まずは正しい腕の振り方を覚えさせましょう。ボールを投げるだけがキャッチボールではありません。相手にきちんと投げてこそキャッチボールです。そのためにはコントロールだ大事です。練習方法として、まずは5メートル位の間隔を取り、腕だけを使って投げます。「スナップスロー」といって肘から手首だけで投げる練習をします。ポイントは肘も位置です。肩と肘が同じ高さになっているかチャックします。肘を肩よりも下げないように指導します。それができる様になってから、次に片足を1歩前に出して、体重移動で投げることを覚えさせます。

軸足(右投げの場合は右足、左投げの場合は左足)を1歩前に出します。その場合軸足が相手に対して直角になるように出します。そして、その軸足に体重をのせて片足を上げると、自然と右投げの場合左肩が投げる方を向きます。ボールを持っている手を上げると右手の甲も投げる方を向きます。この体勢から上げている足を投げる方向にステップします。足をステップし軸足からその足に体重を移動しながらボールを投げます。体重を移動することで上半身も捻られ、腕は自然と肘から前に出てスナップが効くようになります。

少年野球の選手を見ていると、正しく投げられないのに、ある程度の距離をとり、滅茶苦茶なフォームで投げている選手を目にします。これでは変な癖が付き上達しないばかりか故障の原因になります。まずは短い距離で良いので正しいフォームでコントロール良くキャッチボールができるように練習をさせます。

キャッチーの二塁送球

キャッチャーの二塁送球の練習方法を1つ紹介します。まずキャッチャーの構えですがランナーがいる時とランナーがいない時では違ってきます。一塁ランナーが盗塁をこころみたら、キャッチャーは二塁へ送球をしなければなりません。その為にはあらかじめ右足を引いておきフットワークを使ってコンパクトな無駄のない素早いう動きで二塁へ送球をしなければなりません。二塁までノーバンドでとどけば問題ないですが、少年野球の場合、特に低学年で送球がとどかない場合は、低い1バンドのボールでも良いので、正確な送球をできる様にします。二塁送球のポイントは、肘をしっかりと上げることです。その為にもボールは手の甲を上にしてミットから出すようにしましょう。手の甲を上に向ければ肘が上がり腕が自由に動きます。

そして二塁送球のコントロールを良くする練習方法です。ただ力任せに投げるにではなく、真っすぐに伸びるボールを投げることが大切。それには体の軸をまっすぐにし、オーバースローでしっかりと投げることです。右膝をついて、左足のつま先を真っすぐに二塁方向へ向けてオーバースローで投げる練習をしましょう。最初は短い距離ではじめ、少しずつ距離を伸ばしていきましょう。少年野球でもキャッチャーは守りの要です。しっかりと練習しましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。