相互リンク集【野球】

□■相互リンク■□

日頃お世話になっている方々です。
「野球」をテーマに交流を深めて行きたいと思います。

◆ヤングリーグって中学硬式野球って知ってる人、少なくない?もっと知って欲しいなぁじゃあ〜自分でヤングリーグ応援ブログ作って、ヤングリーガー増やそう!って始めた私設応援ブログです
ヤングリーグ応援ブログ力

◆母校の早稲田大学はもちろんのこと、東京六大学野球を盛り上げていくために、東京六大学野球に特化した情報を提供するブログです。
東京六大学野球@東京六大学野球情報ブログ


■相互リンクご希望の方は、
この記事にコメント頂ければ連絡させて頂きます。
但し、「野球」をテーマにしたブログかホームページに限らせていただきます。少年野球をはじめ、高校野球、大学野球、プロ野球などブログでじゃんじゃん交流しましょう。指導、練習方法、戯言、最近の話題なんでも良いですよ!

またご返事まで少しお時間を頂くことがございます。
何卒宜しくお願い申し上げます。

サイト管理者 musashi

少年野球でピッチャーに挑戦!

少年野球ピッチャーに向いている選手というと「人一倍肩が強い」というイメージが強いかと思います。しかし、そこばかりに捉われていてはいけません。肩が強くて早いボールを投げることも大事ですが、それ以前に正しいフォームで投げられる子がピッチャー向きと言えます。正しいフォームで投げられないのにピッチャーをやると肘や肩を故障します。特に少年野球では、まだ体が出来ていませんから、無理をすると必ずと言っていいほど故障します。指導する立場として注意が必要です。また、体力があること、威力のあるボールを投げられることの他に、大事なことしてバッターに向かっていく勇気を持っていることです。たとえ打たれても味方が点を取ってくれなくてもへこたれない精神力、そしてピンチになった時でも取り乱さない冷静さや判断力、守っている野手のエラーを許してあげる寛大さ、打たれた相手バッターの得意なコースや苦手なコースを覚えておく記憶力など、少年野球のピッチャーにも色々な面が求められます。体力面と精神面の両方兼ね備えた選手がピッチャー向きと言えます。少年野球をはじめた選手に中には、「ピッチャーがやりたい!」という子供も多いと思います。正しい投げ方、基礎体力、強い精神力を身につけ、ピッチャーに挑戦しよう!

フォロースルーを大きくする練習方法

フォロースルーを大きくする練習方法を紹介します。ますフォロースルーとは、インパクトのあと両腕を前に伸ばし、それまで上に向いていた右の手の手の平を鋭く返し、その腕を首に巻きつけるようにバットを後ろから大きく振り上げることを「フォロースルー」と言います。このフォロースルーを大きくとることで、ボールを遠くへ飛ばすことが出来ます。練習方法としては、ロングティーで「打球を遠くへ飛ばすにはフォロースルーが如何に大事か」ということを身を持って体験させてることです。しっかりと腰を回転させ、両腕を伸ばし、大きなフォロースルーが取れるまで1球1球ゆっくりとトスアップしてバッティング練習をさせます。

※重いバットで素振りをした方が効果的か?
小学生のうちからマスコットバットのような重いバットで素振りをしていると、場合によってはスイングスピードが鈍ることがあります。、また後ろ方が下がりバットが遠回りするような「ドアスイング」のクセが付くことがあります。少年野球では、やや軽めのバットで素振りの数をこなした方がフォームもスイングスピードも身に付けることが出来ます。軽いバットで自分の納得のいくスイングをし、フォロースルーも含めてフォームを固めましょう。

上手いノックを打つコツ

子供が少年野球を始めると「お父さん、野球教えて!」という場面が来ると思います。そんな場面が出来た、ノックをして守備練習の相手をしてあげましょう。「お父さん、野球経験がないからノックは出来ない」などと言わないであげてください。少し練習をすればゴロやフライを打てるようになります。上手なノックのコツを紹介します。

ノックには右手でボールを上げるやり方と左手でボールを上げるやり方があります。(右ノッカーの場合)左手でボールを上げた方がコントロールをし易く、右手で上げた方が強い打球を打てます。ボールの上げ方は、自分が打ちやすいポイントから10〜15cm上の上げるのがポイントです。ゴロを転がすときは前足に重心を掛けて、バットを上から下にやや斜めに振リ下ろす感覚で打ちます。フライを打ちたい場合は、後ろ足に体重を残したまま、下からボールをすくいあげるように打ちます。外野フライの場合はしかっりと腰を入れて打つのがコツです。

少し練習をすれば野球経験のないお父さんでも、簡単なゴロやフライが打てるようになると思います。少年野球の場合、難しい打球よりも、基本的な打球を正しい形で捕れるように繰り返し練習するのが上達のコツです。親子二人で行なう練習であれば基本のゴロやフライを数多く打ってあげましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。