少年野球のバッティング(トップの位置)

野球でも、ゴルフなどのスポーツではトップの位置が重要です。バッティングにおいてトップの位置は大切です。トップの位置で悩んでいる少年野球の選手も少なくないと思います。今回はトップを作る練習方法を紹介します。やり方はトップの形を作りながらゆっくり横歩きの様に歩いてみます。そうすると自然に無意識のうちに正しいトップの形が作れるようになっていると思います。次にトップの時で一瞬止まりしっかり形を作りながら歩いて進みます。それが出来るようになったら、3回目のトップの形を作った時にバットを振ってみてください。自然にスイングを始動する感覚をつかむことが出来ます。

次にトップの形を作った状態で、上から落ちてくるボールを打ちます。ボールが落ちるのを見てからスイングをするため、バットが遠回りしても、スイングスピードが遅くても間に合いません。打てるようになるまで、ボールを落とす位置を高くして、それから徐々に低い位置から落とすようにします。 この練習方法で、「正しいトップの形が出来ているか?」「自然に最短距離でバットを出すことが出来ているか?」を確認することが出来ます。充分に力を溜めることが出来ていなければ、スイングの始動時に無意識に反動を取るためにバットの出が遅れてしまいます。自分に適したトップの位置をこの練習で掴んで下さい。

ピッチング練習を始める前に

少年野球の選手の多くはピッチャーに憧れていて、すぐにピッチング練習をしたがります。でも、本格的な投球練習はキャッチボールの基本が身につき、肘の使い方、腕の振り方、体重移動など体の使い方が身についてから始めましょう。そして、指導者としてピッチング練習を始める前にチェックしておきたいことがあります。ボールを投げる際、腕をテイクバックしたときの肘の位置です。ホームベースとセカンドベースを結んだ直線をイメージしてください。そしてボールを投げようとして、テイクバックした際に左の肩、右の肩、利き腕の肘が直線上にあり、同じ高さになるようなテイクバックが出来ているかどうかを確認します。テイクバックの位置がずれているのにピッチング練習を開始すると故障の原因になります。バッターであれば、テイクバックの間違いは修正が効きます。テイクバックの位置を間違えからと言って直接故障に繋がることもないと思います。しかし、ピッチャーがテイクバックの位置を間違えると、どこかで無理な腕の使い方をしないと思ったところへボールが投げられません。故障の原因になります。それに、無理な投げ方をすれば、当然早いボールも投げられませんですしコントロールも付きません。まずは正しい投げ方が出来ているか確認しましょう。OKであれば、ピッチング練習の開始です。

野球肘(ひじ)

少年野球で肘を痛めるしまうピッチャーをよく見かけます。原因の多くは正しい投げ方、即ち投球技術の基本を身につける以前に練習や試合で全力投球をしてしまうところにあります。いわゆる野球肘になってしまいます。小学生は成長期にあるため、骨の成長に筋肉が追いつかず、筋肉の柔軟性が低下することも影響します。投球動作により、肘の内側を引っ張る力、外側に圧迫する力が加わるため、投球動作特有の障害が生じてきます。あまり肘の内側に痛みがあると、その内側の骨が欠けてしまう『剥離骨折』が見られることもあります。また、外側が痛い場合、その部分にある軟骨が影響を受けている障害もあります。痛みを感じるようでしたら、すぐに専門医にみてもらいましょう。最近はスポーツ専門のマッサージや接骨院などが増え、保険が効く医療機関もあるので治療費も安く専門的な指導を受けられます。

少年野球のピッチングの練習方法としては、あくまでも正しい投げ方を先に覚えさせることがポイントです。正しいフォームを身に付けてから全力投球の数を増やしていきましょう。正しいフォームを身に付けることで故障を回避でいますし、スピード、コントロール共に磨きをかけられます。正しい投げ方を身に付けるには、タオルを使ったシャドウピッチングの練習を多くとり入れると効果的です。横に指導者が着いてフォームをチェックしてあげます。

ピッチャーの投球練習の球数の話ですが、個人差があり、一概に何球とは言えません。日本臨床スポーツ医学会の「小学生の場合、全力投球は1日50球以内、試合を含めて週200球を越えないこと」という提言もあります。。

キャッチボールの捕り方

ボールを捕る為には、捕るために準備、構えが必要です。まず両足を肩幅よりやや広めに開き、軽く膝を曲げます。そして、親指に付け根に体重をのせるようにして構えます。リラックスをし、どの方向にも素早く動ける構えをつくることです。次に上半身は相手に正対させ、両手を肩の前に出し、膝を軽く曲げます。これだとちょうど肩の前にクラブが来ます。胸の前でクラブを構えると、腕が少々窮屈になるために実際はクラブをはめた側の肩と胸との間くらいにクラブを置くと良いです。肘は軽く曲げます。ボールが飛んで来たら、クラブの中の手のひらをボールに対して直角にクラブにさし出します。こうすることによって、人差し指の部分が斜め上を向き、どんなボールに対しても強い角度ができます。捕球は目の前でしかっりと。自分の肩のラインよりも後ろで捕球をしてはいけません。また、ボールが逸れたら、フットワークを使って「体の正面で捕る」というのは額までも基本です。しかし、正面に入っても、自分の体の中心線よりも投げる側の方向にボールが来たときはバックハンドで捕っても構いません。

投げる目標は相手のクラブです。よくキャッチボールでは「相手の胸に向かって投げろ」と言われますが、相手の構えているクラブを目標に投げる方が良いでしょう。相手が右投げの場合、だいたい左肩と胸の中間にグラブを構えますから、そこを目標に投げるように指導します。

体を頑丈にする食事

少年野球の監督、コーチ、お父さん達がどんなに子供達に野球の技術を指導しても、それを体現できるだけの体がしっかりとしていなければ、いくら頭の中で技術を覚えても無理です。土台がしかっりとしていない上にりっぱな家を建てても、その重みに耐えきれず家が崩壊してします。これと同じように、いくら野球の練習をしても腰を痛めたり、肘や膝を痛めたり、肩を痛めたりします。つまり技術という家作りの前の土台作りこそお母さんのやるべきことです。それは体を頑丈にする食事を子供に摂らせることです。
成長期は体の様々な組織が発育、発達する時期でありますから体作りの基本となる栄養をしっかり摂らせるようにしましょう。その第一がタンパク質です。肉、魚、豆腐、乳製品など一つ一つに偏らないバランスの良い食事を心掛けましょう。第二に骨形成に必要な「カルシウム」「リン」「ビタミンD」などを摂らせます。カルシウムを摂るに適している食品は小魚です。良質なカルシウムを摂ることができます。また豆腐、ワカメ、納豆、昆布なども良いです。そして主食は玄米がベスト。ミネラルの宝庫です。そして、紫外線を浴びることで「ビタミンD」は体内で生成されます。ゲームも良いですが、晴れた日や野球少年らしく外で元気良く遊ぶようにしましょう。

キャッチボールのフットワーク

野球の基本、キャッチボールについてです。キャッチボールは、いつも捕りやすいボールが来ると思って突っ立っていたのでは、いざボールがそれた時に捕ることができません。どんなボールが来ても捕れるようにフットワークを使って捕るようにしましょう。また、フットワークを使うことで、返球も上手くいくようになります。キャッチボールはポイントは「歩くように」と言います。ボールが来た時にボールの来た方向に左足(右利きの選手の場合。左利きの選手は右足。以下右利き選手と逆になります。)を一歩前に踏み出しながら捕球します。ボールを捕ったら前に出した左足(右利きの選手の場合)を右足で追い越し、返球する方向に直角に踏み出します。この右足がボールを投げる際の軸足となり、この時しかっりと軸足を返球方向に直角にすることによって、コントロールの良いボールを投げることが出来ます。

次に今度は左足のつま先(右利きの選手の場合)を投げる方向に真っすぐに踏み出します。あとは踏み出した足に体重をのせながら腕を正しい振り出し位置から振ります。歩くような感覚でキャッチボールをします。しっかり練習をしましょう。

キャッチボールの構え方

キャッチボールの構え方です。まずは基本を大切にして、しっかりと構えましょう。ボールを捕るためには正しい構えが大切です。
[正しい構え方]
・リラックスして目はボールを良く見る
・クラブは左胸と左肩の中間に差し出す(右利きの選手の場合)
・両肘を曲げて、クラブともう一方の手を前に出す。
・クラブを嵌めていない手はクラブの近くに置く
・両膝はリラックスさせ軽く曲げる
・両足は肩幅よりも少し広めに曲げる
・両足の親指の付け根に体重をかける

少年野球の指導の場面などで、「クラブを胸の前で構えなさい!」と言いますが、胸の真正面にクラブを置こうとすると肘を窮屈に曲げなければなりません。実際には胸の前でクラブを構えると捕球がしづらくなってしまします。また、少年野球の低学年の場合は、胸に向かってボールが来ると怖くて顔をそむけてしまうか、のけぞってしまうこともあります。ですからクラブは左胸と左肩の中間の位置で構えるようにしましょう。クラブを嵌めていない手はクラブの近くに置きます。基本はシングルハンドキャッチです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。