少年野球のバッティング

少年野球の子供達のバッティングフォームについての話。少年野球の選手達のバッティングフォームを見ていると、プロ野球の選手の影響を強く受けている子供を見かけます。

打席に入るときに、投手に左手で「ちょっと待て!」のポーズをとり、地面をスパイクでならしてから構えます。プロ野球選手になりきっている感じです。

実際の打撃では、バットを長く持ち、思いっきりスイングをしています。ピッチャーの投げたボールがキャッチャーのミットに届いてから振っている光景を見かけます。

スタイルは一流でも、実際にはバットを振るだけ。これではバッティングとは言えません。バッティングで一番大切なのは、投手が投げるボールをバットの芯でジャストミートすることです。タイミングを合わせることです。タイミングを合わせて、芯で捕らえる方法を身に付けること。

野手の守備位置のことを考えてください。統計的にジャストミートしない打球は正規の守備位置に飛んでいくようになっています。ジャストミートした打球はヒットゾーンに飛んでいくようになっているのが野球というスポーツです。

ジャストミートすると基本的にセンター前に強いライナーがきれいな弾道を描いて飛んでいきます。ジャストミートができるということは調子の良い証拠です。少年野球の選手は、プロ野球選手のバッティングのスタイルのみをまねるのでなく、ジャストミートするバッティングを見習ってください。自分に合ったジャストミートできる打法をさがしましょう。練習、練習!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。