球際に強い選手になる!

プロ野球に興味のある方なら誰でも知っている野村克也さん、選手時代のこと1995年にテスト生として南海ホークス(現在の福岡ダイエーホークス)に入団しました。

その後、ロッテや西武などへ移籍し、45歳まで27年間現役生活を送り、「生涯一捕手」を貫き、3017試合に出場した日本記録を持っている凄い人。

野村さんは「現役を長く続けられたのは、丈夫な身体に産んでくれた両親のお陰」と言っています。しかし、本人はそれ以上に努力をしたと言われています。

いつも身体の手入れを怠らず、特に試合が終わった後は、筋力を良く伸ばしていました。最近では当たり前になったストレッチを野村流に取り得れていたそうです。

野球では「球ぎわに強い」という言葉があります。難しい打球を追って、体や腕をぎりぎりまで伸ばして捕球することができる。これが球ぎわに強い選手です。そういう選手になるには、体が柔らかい必要があります。

現代は体の硬い子供も多いですが。自分で体が硬いと思って、最初から諦めていたのでは上達しません。体の柔らかくするには、体を曲げることではなく、実は伸ばすことが重要。

球ぎわに強い選手になるには、野村選手のように日頃からストレッチを行いましょう。ストレッチは力を抜いて行い、口から息をはく感じを掴むことです。息を止めないで、ゆっくりしかっりと呼吸を繰り返します。

少年野球の練習の前後では、皆で準備運動やストレッチを行なうと思いますが、家でも朝夕10分間くらいはストレッチ体操をする習慣を付けましょう。3ヶ月もするとガラッと体が変わってくると思います。

球ぎわに強い外野に抜けそうなゴロを抑えるプロ野球選手顔負けの少年野球選手になろう!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。