塁上走者の基本

塁上にいる走者は、出塁したら常にボールから目を離さないこと。少年野球の選手達には、まずこのことを指導するのが大切。サインを見るときには、安全地帯である塁に付き、サインを確認したというシグナルを、その都度ベンチに返ることも徹底させます。少年野球で結構多いのがサインの見落とし、大事な場面でのサインの見落としは、試合の勝敗に大きく影響することを認識させます。少年野球では、バッターが出塁すると、盗塁、送りバント、スクイズ、場合によりバスター、ヒットエンドランと次の塁に走者を進める細かい作戦をとることも多いです。状況をきちんと読み、自分であらかじめ選択肢を想定し、判断できるように実践形式の走塁練習を普段から体験させましょう。離塁する前に、各野手の守備位置を確認してからリードを取るくらいの余裕があればベストです。

走者として出塁したら、どの塁の場合もまずセーフティーリードを取りながら、常に次の塁を狙う姿勢を見せて投手をけん制し、打者への集中力を分散させることが大切。1球1球「走るぞ!」をいう姿勢を見せるだけで、ピッチャーは精神的に疲労し、ダメージを受けるものです。特に少年野球では「走る」という場面が多いので、「走ってきた」と相手が錯覚するような、機敏なスタートを1球ごとに切り、帰塁できる大きなリードをとれば、それだけで相手の神経は消耗するはずです。野球を知っている選手が多いと強いチームになりますが、この当りの塁上の走者の基本をチーム全員が理解するだけでも大きな進歩だと思います。

リードの取り方は、ピッチャーから目を離さずに、低い姿勢で、右足からすり足で右、左、右、左とリードをします。それぞれの足と引き付けるような感覚でリードするように指導しましょう。例えば、左足が右足より前に出て、クロスさせてしまうと、瞬間的な反応が出にくくなったり、両足が揃ってしまうと、その瞬間にけん制球を投げられると、一瞬一塁帰塁が遅れてしまったりします。姿勢を低くし膝を曲げ、重心を足の指に掛かるような前傾姿勢とり上手なリードが出来るように練習しましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。