ベースランニング

ベースランニングは、攻撃における大きな武器になります。ヒットと同じ価値があります。時にはひとつの好走塁が勝利を呼び込むこともあります。ベースランニングでは、足が速いことが大事ですが、ただ速いだけでは、うまくいきません。スタート、走力、スライディングの3つの条件が必要です。速いだけでなく上手な走塁ができるように日々練習をしましょう。野球はケースにより、色々な走り方があります。打者の時には、バットスイングを完了すると同時にスタートし、走者になったときは横向きの姿勢からスタートします。また、タッチアップのスタートもあります。陸上の短距離選手のように足を高くあげて直線を全力疾走するのとは違います。状況によっては、急ブレーキを掛けたり、戻ったり、ベースを踏んで次の塁に向かって曲がったりしますので、走る際に姿勢を低くしたピッチ走法が向いています。また、どんなケースでもエンジンを全開にできる反射神経も必要です。

走者になったときは、アウトカウント、イニング、点差、打球の方向、前の塁の走者のことをはじめ、相手チームの守備力や肩の力など全てを瞬間的に判断しての走塁が必要です。スタートしてから、打球や送球がどうなっているのか?どんなコースで走るのか?スライディングは必要か?と色々な感を働かせながら走塁するもの大切です。練習方法としてはベースランニングなどで基本を身に付け、日頃の練習の中で実打球を見て、打球判断し、走塁する機会を増やします。指導のポイントは走塁ライン、踏むベースの位置、スライディングの仕方なども確認します。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。