少年野球に必要な強い精神力

少年野球の選手の中にはバットを持つと、スイングにばかり気を取られてしまう選手を見かけます。鋭いスイングができたり、力強いスイングができるようになることはバッティング上達に必要なことです。しかし、ヒットを打つには、バットを振る前に、まずピッチャーのボールがストライクかボールかを見分けないとなりません。さらに、チャンスでバッターボックスに立った際、緊張し過ぎて普段の力を出せずに凡退してはなにもなりません。少年野球の試合でチャンスに打順がまわって来たら、冷静にピッチャーの投球を見て、いつも通りの力を出せるピンチでも動揺しない強い精神力をつくる必要があります。「強い精神力はどのようにしてつくられるか?」。短期間に簡単につくる方法はありません。強い精神力は、日々の練習の中で積極的な気持ちで全力でプレーを続けることで、だんだんと心が鍛えられます。また、土日の少年野球のチームの練習以外にも、一人でコツコツと粘り強く練習を続けることで、だんだんと粘り強い心が養われます。プロ野球選手が口にする集中力は、このような形で自然につくられていきます。やらされているからやる練習ではなく、選手が自分で練習の意味を理解し、積極的に全力でぶつかるように指導しましょう。「親や監督、コーチの為に練習をするのではなく、自分のために練習をするんだ!」という意識づけをしてあげましょう。指導のコツです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。