ピッチャースプレートに触れたらピッチャー

少年野球選手諸君!ピッチャーのルールを1つ覚えよう。憧れのポジションを目指そう!

◎ピッチャースプレート(投手板)を離れているピッチャーは野手と同じ。野球のルールでは、ピッチャーは原則として「ピッチャースプレートに触れるとピッチャーとなる」ということ。これはピッチャーと他の野手を区別するためのルールで、投手板を離れているときのピッチャーのプレーについては、野手の扱いとなります。
 
◎ボークやけん制球では、投手板に触れているかどうかが判定基準。投手板に触れているかどうかがいちばん問題となるのは、ボークやけん制球についての判定です。まず、ボークが発生するのは基本的にはピッチャーが投手板に触れているときです。 投手板を離れれば野手と同じですから、ボークとなることは一部のケースを除いてありません。また、けん制球が悪送球でボールデッドになった場合、投手板に触れて投げた送球ならランナーの安全進塁権は1個ですが、投手板を外して投げた場合は2個となります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。