少年野球の送球の練習方法

少年野球に必要な素早い正確な送球を身に付ける練習方法として早投げリレーがあります。ピッチャーと違って野手は捕球から送球まであまり時間をかけてはいけません。時間をかけないどころか、1秒でも早い送球を要求されます。そして送球にはコントロールが不可欠です。そこで、その練習方法として、早投げリレーをしましょう。4人で一組のグループを作って、その4人がキャッチボールを出来る距離をとり、縦に並びます。4人をA、B、C、Dとしたら、まずAがBへボールを投げ、BからC、CからDへとボールをリレーして行き、Dまで行ったら逆の順番でAまでボールを戻します。

4人の組み合わせの場合、Aはキャッチャー役、BとCは内野手役、Dは外野手役を担当します。各ポジションを想定した投げ方を心掛けます。素早く正確に投げることで、少年野球に必要な送球の技術を身に付けることが出来る練習方法です。特に内野手役の選手は中継プレーの送球を身に付ける為に役立ちます。4人揃わない場合は3人でもできます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。