少年野球のピッチャーになるための練習方法

大リーグのピッチャーになるような選手は少年野球の時期に「立つ練習」を繰り返し行なうと言います。ピッチングはしっかりと立つことから始まります。今回はしかっりと立つための練習方法を紹介します。少年野球の選手達はすぐに投球練習でボールを投げたがりますが、ここでしっかりと基本を身につけた方が上達の近道です。それには「立つ練習」です。セットポジションから始めましょう。まず軸足の裏全体で地面にしかっりとつけ、背筋をも伸ばして真っすぐに立ちます。軸足の裏から地球の中心に根が生えているイメージをつくり、しっかりと立ちます。次にステップする足を上げて、軸足1本でバランス良く立ちます。ステップした足を上げた時、軸足の膝が折れないこと、軸足のつま先やかかとに重心が偏らないように足の裏全体に体重をかかっていること、足を上げた際に頭が動かないことを確認します。しっかりバランスよく立てたら上げた足を下ろします。これを繰り替えし上手く立てるようになるまで行ないます。はじめはゆっくりした動作で練習し、できるようになったら足を早く上げられるようにします。少年野球ではステップする足を上げた際に、二塁方向に倒れてしまうピッチャーが多いようです。そこに注意します。地味な練習ですが、これをマスターするとことがエースへの第一歩です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。