正しい肘の使い方を覚える練習方法

正しい肘の使い方を覚える練習方法を紹介します。まず両膝をついてボールを投げてみます。お互いに軽くボールを投げて届くくらいの距離に離れ、両膝をついて向かい合ってキャッチボールをします。下半身を固定したまま投げるわけですから、状態のひねり戻しだけでボールを投げることになり、正しい腕の振りを覚えることができます。ポイントは肘がきちんと前に出ているかをチェックします。
[練習方法]
1.両膝をついてボールを頭の後ろへひく
2.肘を前に出して投げる
3.腕を振り切る
次に片膝を立ててつま先を相手にまっすぐに向けて投げます。両膝をついて投げるとき同じように下半身は固定されていても、さらに上半身の捻りを使えるので腕を大きく振ることができます。そして次、きちんと立って相手に正対し、同じように投げます。この場合は両膝も使えますので、かなり遠くへボールを投げることができます。とにかくポイントは、「正しい肘の使い方」を覚えることを念頭において練習をします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。